肘無チェア(椅子)の通販

肘無ローバックチェア,肘無ミドルバックチェア,肘無ハイバックチェア 商品一覧

コクヨ Wisard ウィザードチェア 600脚入荷 オフィスで人気のブラックが揃いました

中古?新品?オフィスチェア徹底比較!

オフィスバスターズで主に取り扱うオフィスチェアは、中古でもJOIFA認定の国内主要メーカー品です。一方、新品でも5,000円前後の格安なオフィスチェアもあります。どちらがおトクなのか?それはニーズにより異なります。そこで、それぞれのメリット、デメリットを紹介します。
*JOIFAは、安全、安心なオフィス家具の認定基準です。
耐久性や安定性、操作性などの基準を満たした商品のみに与えられる認定です。
オフィスバスターズの
JOIFA認定メーカー中古家具
(オカムラ、コクヨ、イトーキ、内田洋行など)
VS
格安新品家具

高級チェアが3000円から入手可能!

1脚の新品価格およそ50,000円~200,000円のものが3,000円程度からお求めいただけます。
価格

送料無料で3,000円から

1脚5,000円~10,000円のものが主流で、安いものでは3千円台のものもあります。送料無料商品も多く、購入時の価格は中古商品より安くなることがあります。

多少使用感あり

中古商品は、状態はまちまちで、基本的には多少の使用感があります。しかし、プロの高度な技術で丁寧にクリーニングされたものばかりです。
使用感

使用感なし

未使用品なので、当然使用感はありません。

8年以上使用可能

JOIFAの耐久性の基準を満たした商品です。製品規格上、長時間・オフィスでの使用を想定されおり8年間以上使用を前提に考えられています。数年間使用していたとしても、十分に長持ちする商品です。
耐久性

家庭規格の場合も

JOIFAの規格を満たしておらず、家庭での使用を想定している場合があります。オフィスで長時間使用する場合、JOIFA規格品ほどの耐久年数は使用できなことがあります。

使いやすく高機能

最新型ではありませんが、メーカー独自の機能が搭載されています。
<機能例>
① 昇降機能
② リクライニング機能
③ ロッキング機能(背もたれがしなり、リラックスできる機能)
④ 座奥調整機能(座面の奥行きを調節する機能)
⑤ ランバーサポート(腰をサポートし、負担を軽減する機能)
⑥ 肘可動
機能性

最小限の機能

5,000円前後のチェアは最小限の機能に留めたものがほとんどです。
<機能例>
① 昇降機能
② リクライニング機能

ワンランク上の快適さ

人間工学に基づき設計されています。血流がスムーズに流れるような座面設計や、腰の負荷を分散するような背もたれ設計など、ワンランク上の快適さを実感いただけます。
品質

短時間の使用向き

クッションとなるウレタンの使用量が、JOIFA規格品より少ないので、短時間の使用に向きます。デザインは新しさを感じるものが多いです。

中古?新品?配送・組立・買取/廃棄サービス徹底比較!

オフィスバスターズの
JOIFA認定メーカー中古家具
(オカムラ、コクヨ、イトーキ、内田洋行など)
VS
格安新品家具

やや高め

中古品は、すでに組み立て済みの完成品の為、新品に比べ送料が高くなります。
配送費用

送料無料の商品あり

分解されて納品されるためパーツが小さくなっており、送料が安かったり無料だったりします。

※組立は別途料金が発生したり、自身で組み立てる必要があります。

店頭なら当日OK

弊社は、全国に店舗展開しておりますので、店頭で即日持ち帰りも可能です。東京・埼玉・千葉・神奈川・大坂ではルート便業者と提携しており、最短翌日の配送が可能です。
納品スピード

ネットなら即日出荷

ネット販売で即日出荷可能な商品も多いようです。

組み立ていらずでラク!

中古商品のほとんどが、組立済の「完成品」の状態で配送されますので、組立の手間が不要です。
組立・設置

自分で組み立て

お客様自身で組立てる商品がほとんどです。

廃棄費用が不要

弊社で再び買取することが可能なので、廃棄費用がかからずお得です。
廃棄

廃棄費用が必要

弊社では買取できない場合がほとんどです。そのため、廃棄費用がかかるとともに、産業廃棄物扱いなので、廃棄マニュフェストを結ぶことができる業者探しが必要です。

環境にやさしい

リユース品を「利用」し、不要時に「廃棄」せず、オフィスバスターズが再び「買取」をすることで、2重の環境貢献になります。
エコ

環境に負荷

リユースが難しいので、耐久年数の短い大型家具は環境負荷をかけてしまいます。

こだわり+価格で選ぶ

絞り込み項目

1966

件数

肘無ローバックチェア,肘無ミドルバックチェア,肘無ハイバックチェアについて

 オフィスチェアは、座面からの背もたれの高さにより、大まかに4種類に分類されます。高いものから順に、エキストラハイバック・ハイバック・ローバック(またはミドルバック)・エキストラローバックです。目安としては、ヘッドレストがついているものがエキストラハイバック、背もたれ高さが50cm前後以上のものがハイバック、同じく40㎝前後以下のものがローバックもしくはミドルバック、30cm前後以下のものがエキストラローバックになります。
 背もたれの高さに比例して、リクライニング姿勢が取れる角度が大きくなります。20°を超えたリクライニングにはヘッドレストが必要になります(ないと、首を初めとして姿勢の各所に負担がかかるのです)。エキストラハイバックがこれにあたります。また、背もたれ高さが50cm前後あるハイバックであれば、背もたれに背中を預けて休息の姿勢が取れます。加えて長時間のPC作業には、前傾姿勢よりも軽い後傾姿勢の方が適している場合があります。こちらにも、ハイバックがより活躍します。
 ローバック以下は、長時間続けての着座をあまりしないユーザーさまに向いた製品になります。リクライニング(およびロッキング)角度の目安としては、3°~15°です。エクストラローバック(背もたれ高さ30cm前後以下)の取り扱いがある製品はあまり多くありませんので、この領域で使用されるオフィスチェアの主流は、背もたれ40cm前後以下のローバックになります。なお、シリーズによってはミドルバックという区分が用いられている事がありますが、サイズ上ではローバックとミドルバックとにはさほど明確な違いはないようです。

簡単!お問合せ
名前
TEL
メール
(ご利用規約)
送 信