Circular ECO chair
サーキュラーエコチェアシリーズ

5つの特徴

  • 1

    約90%の素材が
    マテリアルリサイクル可能な

    脱プラスチックチェア

  • 2

    座面・背面には
    100%再生生地*を採用
    *100%PETボトル原料

  • 3

    座面・背面は交換可能
    洗濯もできる
    ロングライフ設計

  • 4

    人間工学
    に基づく座り心地と
    高級感あるデザイン

  • 5

    JIS規格合格
    グリーン購入法準拠

    の安心品質

こんな課題、抱えていませんか?

  • SDGsへの取り組みが社内の重要課題。
  • SDGsをどう始めればいいかわからない…。
  • ライバル企業がSDGsに積極的だ。
  • SDGsへの取り組みで企業イメージを向上させたい。
  • 社員のSDGsに対する意識をもっと高めたい。

環境問題の現実

深刻なプラスチックごみ問題。
つくる側もつかう側も求められるさらなる「リデュース(減らす)」の考え方。

※イメージ

2020年7月に始まったレジ袋有料化で関心が高まったプラスチックごみ問題。しかし、レジ袋は国内で使われているプラスチック全体の数%にすぎず、レジ袋以外のプラスチックも減らさなければ問題は解決しません。近年、廃プラスチックを輸入していた中国が環境汚染防止を理由に輸入を禁止。東南アジア諸国でも急激な輸入量増加から規制を強化しています。そのような状況の中で、欧米や日本などの先進国はSDGsの実現に向け、製品をつくる側もつかう側もプラスチックのさらなる「リデュース(減らすこと)」や「リサイクル」を継続的に行うことが求められています。

製品について

Circular ECO chair サーキュラーエコチェアシリーズ

サーキュラーエコチェアがエコな理由は、
すでに素材選びから始まっています。また使いやすさや長く使えることなど、オフィスでの使用や経営効率への配慮も忘れていません。

5つの特徴

  • 01

    約90%の素材がマテリアルリサイクル可能な脱プラスチックチェア

    一般的なオフィスチェアのプラスチック重量比率は約30%~40%(当社調べ)。それを世界最少レベル(当社調べ)の約10%にまで抑制しました。しかも、リサイクル時には素材のほぼすべてが再利用もしくは製品原料*1になり、これまでにない高度なリサイクルを実現。
    *1 燃料としての再利用でなく、マテリアルリサイクル可能な割合が90%。
    *2 ウレタン(再生可能素材)を除く比率。2021年12月現在。

  • 02

    座面・背面の張地に再生生地を100%採用

    座面・背面の張地にはPETボトル容器を原料とする。再生PET(再生ポリエステル)生地を100%採用。リサイクル時には車の内装材などに再生利用されます。安心の国内メーカー製で生地選びにも環境と座る人への配慮が施されています。

  • 03

    座面・背面は交換可能。洗濯もできる*ロングライフ設計(*当社調べ)

    座面や背面はパーツ交換ができ、長くお使いいただけるロングライフ設計です。背面の張地は洗濯可能で、環境面はもちろん衛生面にも配慮したつくりになっています。

  • 04

    人間工学に基づく座り心地と高級感あるデザイン

    人間工学に基づいたハイバックの背もたれが、快適な座り心地を実現。疲労感軽減につながります。側面、各所にメタリックなパーツを使用し、高級感あるデザインに仕上げました。

  • 05

    JIS規格合格・グリーン購入法準拠の安心品質

    サーキュラーエコチェアはJIS規格合格済みですので、安全性や品質面も安心です。環境性能に関してもグリーン購入法準拠しており、信頼できる製品です。

メッセージ

サーキュラーエコチェアは大きな一歩であり、小さな一歩です。

新3R(リユース・レンタル・リサイクル)で持続可能な社会の実現をめざす。
それは私たちの経営理念であり、プラスチックごみ問題やSDGsに注目が集まる以前から取り組んできたものでした。

2008年からは早稲田大学発ベンチャーの早稲田環境研究所と共同で研究を開始。リサイクル、リユースされたオフィス用品は新品のものと比べて廃棄時のCO2の削減効果が高いことを成果として得ていました。

そうした背景のなかで「これまでにないエコな商品を作り出すことはできないだろうか?」という想いを抱き、オフィス家具メーカーNAIKI社監修のもと2019年から開発したのがサーキュラーエコチェアです。

製品に使われている素材の約90%が再利用もしくは再生利用可能というのは画期的なことです。
しかしそれはSDGsの実現に向けた大きな一歩であると同時に小さな一歩にすぎません。この製品ひとつだけが存在していてもSDGsの目標は達成できないのです。

私たちはこの商品を通じてSDGsへの参加を広く促し、これからもエコを実現する製品づくりに継続的に挑戦していくことが持続可能な社会づくりには大切であると考えています。

代表取締役会長
天野 太郎
お問い合わせはお気軽にどうぞ
お問い合わせフォーム >
TEL
03-6262-7445 【受付時間】平日9:00〜18:00
お問い合わせはこちら
お問い合わせはお気軽にどうぞ
お問い合わせフォーム >