カウンターの種類

現在の状況

店舗5/26より全店通常営業 PDF 配送通常通り 設置・施工一部遅れ

カウンターの種類について

カウンターには有人用のものと無人用のものとがあります。
有人のカウンターにはハイカウンター・ローカウンター・コンシェルジュカウンターがあります。
無人のカウンターは、通常、インフォメーションカウンターと呼ばれます。

 
≪用途によるカウンターの種類≫

 ○有人カウンター
  ・ハイカウンター
  ・ローカウンター
  ・コンシェルジュカウンター

 ○無人カウンター 
  → インフォメーションカウンター

≪構造によるカウンターの種類≫

 ○据え置き型(自立型)
 ○施工型
 ○造作型

本稿ではそれぞれのカウンターについて、簡単に解説していきます。

有人カウンターの種類について

 オフィスとロビーとを間仕切りし、スタッフが訪問者に応対するテーブル全般をさします。

 有人カウンターは高さによってローカウンターとハイカウンターとに分けられます。ローカウンターは訪問者と受付者の双方がチェアに座って用いる高さ、ハイカウンターは訪問者が立って用いる高さです。(よって、ハイカウンターには受付者も立って接客するものと、スタッフは座って接客するものとがあります。)

 コンシェルジュカウンターは、ロビーの空間に比べて、少ない人数のスタッフで対応するカウンターに用いられます。コンシェルジュ用のカウンターは、多くは円形ないしは弧形をとり、少人数で多方向へ応対できる形になっています。

インフォメーションカウンターについて

 オフィスや部署の無人エントランスに、訪問者が訪いを入れる端末を設置するためのカウンターです。インフォメーションカウンターはそれ自体がエントランス(=会社の顔)の一部であるため、カラーリングやロゴなどの意匠が整えられる事も少なくありません。

構造によるカウンターの種類

 カウンターの実体は「台」もしくは「箱」ですので、多くの場合は自立します。しかし、例えばオフィスを丸まると囲むような場合、カウンター全体を構成するパーツのひとつひとつまでが自立しているとは限りません。
 カウンターをパーツ単位で捉えた際に、“自立するか”“既製のパーツか”で3段階に分類できます。

○据え置き型
 パーツだけで自立するタイプです。
 パーツ単体でも用をなします。

○施工型
 既製のパーツを組み合わせて大規模なカウンターにするタイプです。
 パーツだけでは自立せず、パーツ単体では用を成しません。

○造作型
 オーダーメイドタイプです。
 既製パーツの組み合わせでは賄えない仕様に用いられます。
 パーツだけでは自立せず、パーツ単体では用を成しません。

カウンターの種類についてさらに詳しく

ハイカウンターとは

ハイカウンター

詳細へ

ローカウンターとは

ローカウンター

詳細へ

ハイテーブルとは(カウンターテーブルとは)

ハイテーブル(カウンターテーブル)

詳細へ

おすすめ商品

簡単!お問合せ
名前
TEL
メール
(ご利用規約)
送 信