オシャレなオフィスとは

  通常販売価格からさらに!最大50%OFF今月のワゴンセール
中古オフィスデスク5980円

オシャレなオフィスとは

オシャレなオフィスとはどんなオフィスを指して言うのでしょう?

オシャレなオフィスのイメージを明確にお持ちの方もいると思いますが、オシャレなオフィスを漠然としかイメージ出来ない方も多いのではないかと思います。

そもそもオシャレってどんな意味かと聞かれると、少々戸惑ってしまうのですがオシャレの意味をネットなどで検索してみると「服装や化粧などを洗練したものにしようと気を配ること。洗練されていること。また、そのさまや、その人」と書いてありました。

この言葉をオフィスに置き換えると、「オフィスを洗練したものにしようと気を配ること。オフィスが洗練されている事。」となります。様は洗練されているオフィスの事はオシャレなオフィスと言えるでしょう。

また逆説的に言うと「オシャレとは言えないオフィス」は「洗練されていないオフィス」の事だと言えるでしょう。


ここで洗練されているという言葉が出て来たので、洗練とはどんな意味なのでしょうか?
この言葉もネットで検索してみると「人柄や趣味などを、あかぬけのした優雅・高尚なものにすること。」と出てきました。

したがって洗練されたオフィスとは「オフィスをあかぬけした優雅・高尚なものにする事である」と言えます。

優雅、高尚、あかぬけといった言葉の意味について調べて解説をはじめると、堂々巡りになってしまう心配があるため、このあたりでオシャレなオフィスとはについて結論付ける事にしますと

「1.業務観が感じられず、2.品格が高く、3.立派な印象を与えるオフィス」

と言えるのではないでしょうか。

オシャレなオフィスを作るポイントは
1.業務観が漂うオフィス家具類は極力使用せずに、品格が高く立派な印象を与えるオフィス家具を選ぶ事。
2.内装についても、品格が漂い立派な印象を与えるデザインを施す事。
3.整理整頓する事。
の3つであると言えるでしょう。

折角、品格が高く立派な印象を与える内装やオフィス家具を選んだとしても、デスクの上が物に溢れかえって整理整頓されていなかったり、レイアウトが雑然としていたら、そのオフィスの印章は決して品格が漂い、立派な印象を与える事は無く、整理整頓出来ている事も重要な要素でしょう。

またオシャレの別の見方として品格が高いといった要素の他に、機転が利くという要素もある様です。
おしゃれは漢字にすると御洒落と書きますが、「洒落(しゃれ)」は「戯れ(され)」が転じた言葉でもある様です。
という事は、「戯れること」と共通する要素として「機転が利くこと」もオシャレなオフィスを作る上で重要な要素であるという事が言えるでしょう。

では機転が利く要素をオフィスに取り入れる事とはどの様な物を指すのでしょうか?

ひとつ事例を出すと、ある会社の休憩スペースは、喫茶店と見間違う様な雰囲気の内装やレイアウト、家具類を配置していたりします。休憩するという状況に応じて適切な対処が施されている事から、こういった事例もオシャレ観を出し、かつ社員が休憩する際のリフレッシュ効果も増進し、社外の人が来社した際もユニークな会社だと言う事で印章に残す事で、ビジネスの成功に繋がるかもしれません。

おすすめ商品

名前
TEL
メール
送 信