移転費用削減

  通常販売価格からさらに!最大50%OFF今月のワゴンセール
中古オフィスデスク5980円

移転費用削減のポイント

事務所の移転には様々な費用が掛かります。

移転先の事務所の賃貸借契約費用(月額\200,000-の事務所を契約した場合)

敷金保障金…\1,200,000-〜\2,000,000-(6ヶ月〜10ヶ月必要)
仲介手数料…\200,000-(1ヶ月)
礼金…\400,000-(2ヶ月)
初回賃料…\200,000-(1ヶ月)

合計\2,000,000〜\2,800,000-が移転先の事務所を借りる際にかかる費用です。

オフィスの什器備品の移設新設費用(6名のオフィスの場合)

電話回線・インターネット回線・電気回線工事費用…\100,000-から\200,000-
引越し費用…\200,000-前後
机、椅子、本棚等の家具類購入…\400,000-以上
コピー機、ビジネスホン購入費用…\600,000-以上
廃棄費用(4トン車1台分の廃棄)…\100,000-以上
現状回復費用(一般的には坪あたり4万円前後)

合計約\2,000,000-が事務所を移転する際の什器移設及び購入に掛かる費用です。

移転に伴う関係官庁への届出(法務局・税務署・労働基準監督署・社会保険事務所等)に費用が掛かる物もあります。
法務局へ移転登記申請時の登録免許税…\30,000-〜60,000-等

また移転に伴い各種印刷物(名刺、封筒、伝票、社判等)に記載されている住所および電話番号を変更する必要もあります。
印刷物変更費用…\300,000円〜

上記を全て合計すると約430万円〜520万円が事務所を移転するにあたり必要な費用となります。

これらは全て費用として当期の営業利益から差し引かれますので当期の経常利益額を左右する大きな要因となります。

移転費用について削減する方法はあるのでしょうか?

移転費用削減の切り口としてお勧めな項目は以下です。

(オススメ移転費用削減項目)
・オフィス賃料、敷金、礼金、仲介手数料といった不動産関連費用
複数物件を比較検討し交渉してより良い条件が出てくる不動産を選定しましょう。
フリーレントの交渉も費用削減には効果的です。
・オフィス家具、コピー機、ビジネスホン、パソコンといったオフィス什器OA機器移設新設にかかる費用

移設に掛かる費用と新規で購入する費用はそこまで金額差は発生しない場合があります。そこで費用削減に繋がる効果的な方法はリユース品の購入および不用品の買取が可能な業者に依頼する事で大幅なコスト削減に繋がります。

おすすめ商品

名前
TEL
メール
送 信