オフィスチェアの使用用途

オフィスチェアの使用用途は

オフィスチェアの使用用途は大きく分けて、ワーキング用途とミーティング用途に分かれます。

1.ワーキング用途のオフィスチェアの傾向
ワーキング用途のオフィスチェアの傾向は、仕事がしやすく作られている事が前提ですが、ミーティング用途のオフィスチェアとの違いは、まずキャスターの有無が大きな違いです。ワーキング用途のオフィスチェアは、ほとんどキャスターがついています。
また、肘掛けがついていたり、その肘掛けが稼働したり、背もたれもリクライニング機能がついている事が多いです。

2.ミーティング用途のオフィスチェアの傾向
ミーティング用途のオフィスチェアの傾向は、前述したワーキング用のオフィスチェアがほとんどキャスター付きであるのに対して、ミーティング用のオフィスチェアは殆どついていません。また、背もたれのリクライニング機能も、ワーキングタイプのオフィスチェアのものと比較すると、あまり高機能なものはなく、ついていない製品が多い中、若干稼働するリクライニング機能付きの背もたれがある製品が一部ある程度です。

この違いは、ワーキングシーンとミーティングシーンに求められる座り方の違いがそのまま、それぞれのオフィスチェアの作り方の違いに表れています。
ワーキングシーンでは、席を立ったり、座ったりの頻度がMTの時より多い傾向にあるので、キャスターがついている事が使い勝手を向上させるでしょう。
逆にミーティングシーンにおいて、キャスターがついている必要はあまりなく、キャスターがついていない事や、背もたれが大きくリクライニングしない事によって、すわっている時の安定感が高まり、会議への集中力が保持される事も期待できるでしょう。

したがって、まずワーキング用途かミーティング用途かを選別してからオフィスチェアを探すと良いでしょう。

オフィスチェアの使用用途についてさらに詳しく

ワーキングチェア

ワーキングチェアは機能性から世代分けができ、これは選び方の参考になります。

詳細へ

利用区分
購入理由
会社名
お名前
TEL
メール