片開き書庫

片開き書庫

 片開き書庫とは、収納の書庫に扉がついて、取手を手前に引いて中がすべて見える扉のついた書庫を指して言います。
オフィスの美観と 片開き書庫とは、収納の書庫に扉がついて取ってを手前に引いて中がすべて見える扉のついた書庫を指して言います。

片開き書庫とは

 片開きタイプの書庫は、A4ファイルは収納可能でラッチ・施錠付がほとんどです。ドアをあけるとすべてのファイルが見通せます。片開き書庫でスチール扉のタイプは中が見えないことから、防災キャビネットやセキュリティキャビネットの形としても活用されています。オフィスの美観とセキュリティ保持に最適です。
片開き書庫
 レイアウトする際、この片開き書庫は省スペースで設置・活用できるため、工夫されたオフィスレイアウトには片開き書庫が良く使用されます。


片開き書庫のメリット

 オフィスのレイアウトをしていると、中途半端にスペースが余ってしまい、そこを何か有効活用したいなと思った経験はありませんか?そういった中途半端なスペースは仕方なく放置したり、荷物が一時的に置かれて段々増えていき、いつの間にか物置きと化していて美観を損ねている。。なんて事はオフィスでは比較的よくある話だと思われます。
 その様な有効活用出来ていないスペースがあった場合は、片開き書庫の事を思い出してみて下さい。片開き書庫は横幅40センチと扉が開く為のスペースがあれば設置出来てしまいます。きっとそのデッドスペースを有効活用してくれる片開き書庫が見つかります。
 オフィスはスペースが限られており、家賃も発生するのでなるべく無駄なく効率よく使って、経営資源を有効活用したい物です。


片開き書庫のサイズ

 事務用のスチールタイプの片開き書庫は横幅が40センチ、45センチ、51.5センチの製品が、オカムラ・内田洋行などのメーカーから販売されています。
 奥行きは45センチの製品が多く使用されているが、仕様によっては40センチや38センチの製品も多く使用されています。(家庭用の木の材質の木目タイプの片開き書庫のサイズは製品によって多様です。)
 片開き書庫の活躍の場は何と言っても、狭いスペースでも置けてしまうケースが多い点です。


片開き書庫の選び方

 片開き書庫でオフィス空間を上質に演出するために木目タイプがあります。木目はカジュアルな雰囲気のライトナチュラル色から重厚な雰囲気のブラウン色まであります。また引手も本体の色と合わせてメタリック塗装仕様となっており質感の高い仕上がりとなっいます。
 ガラスの片開き書庫であれば扉を開ける前からお目当ての書類が何処にあるか解るので、検索性アップし必要な書類が直ぐに取り出せるでしょう。









[オフィス家具何でも辞典TOP]
[デスク] [チェア] [脇机] [ワゴン]
[テーブル] [ホワイトボード]
[書庫] [金庫] [棚・ラック]
[パーテーション] [応接セット]
[ロッカー] [カウンター]

[オフィスチェア辞典(提携サイト)] [オフィスデスク辞典(提携サイト)]

おすすめ商品

簡単!お問合せ
名前
TEL
メール
(ご利用規約)
送 信