チェアのリクライニングについて

リクライニングとロッキングとの違いは

 リクライニングとロッキングは、オフィスチェアの背もたれの定番機能で、ほとんどのチェアに搭載されています。わかりにくい両者の違いを、ここでは説明します。

リクライニングとは

 リクライニングとは、背もたれの角度を調整する機能です。人によって仕事を一番しやすい背もたれの角度は異なるので、オフィスワーク用のチェアには必要な機能だと言えます。椅子の下などにあるレバーを引くことで調節することが多いです。安価なチェアの場合、座面と背もたれがネジで固定されており、この機能が搭載されていないことがあります。


ロッキングとは

 ロッキングとは、チェアの背もたれによりかかると、程よい反発力をもってゆらゆらと揺れる機能です。仕事中に少しリラックスしたいときにあると心地よい機能ですので、長時間デスクワークをする方向けの機能です。


ロッキング強弱調節ダイヤル

 オフィスチェアに着座して自然な姿勢が取れるには、チェアが着座者の体を受け止められるよう、ロッキングの反発力を調節できる事が必要です。リクライニングやロッキングの反発力は、車におけるサスペンションのようなものです。油圧シリンダーにより、クッション機能ができます。

 多くのオフィスチェアはダイアルを回す事によって、背もたれの反発力を調節する事ができます。ダイヤルの位置は、かつては手を伸ばさないと届かない座面真下や背面下部などが一般的でしたが、近年はより操作のしやすい座面側面下などに置かれるものが主流になりつつあります。ロッキング強弱調節ダイアルを、まだ触れた事がない方は、これを機会にぜひ一度お試しください。


背もたれと座面のシンクロロッキング

 背もたれのみのロッキングはオーソドックスですが、ハイクラスなチェアでは、シンクロロッキングという機能があります。これは、背もたれのしなりに追随して座面も快適な角度にロッキングしてくれる機能です。

 このタイプは、動きが自然な体の動きに近く、最も快適性が高いタイプになります。



[オフィス家具何でも辞典TOP]
[デスク] [チェア] [脇机] [ワゴン]
[テーブル] [ホワイトボード]
[書庫] [金庫] [棚・ラック]
[パーテーション] [応接セット]
[ロッカー] [カウンター]

[オフィスチェア辞典(提携サイト)] [オフィスデスク辞典(提携サイト)]

利用区分
購入理由
会社名
お名前
TEL
メール