パーテーションの選び方

【パーテーション】選び方、選定方法

オフィスの席で動くものが視界に入ると、集中力を欠く原因となります。
そこで活躍するのがパーティションです。高さを高くすればするほどプライバシーの度合いは高くなり、圧迫感が増す。低くするとコミュニケーションがとりやすくなるが、圧迫感が軽減されるため、仕事の内容によって適当なパーティションのサイズを選定する必要があります。

サイズいスポットを当てると(高さ)によって呼び名3種あり、

■シーティングプライバシー(100~110cm)
デスクに着き、天板、書類に目を落としている状態での目線を隠し、顔を上げると視界が広がります。この場合のパーティションの高さを言う。

■スタンディングプライバシー(120~140cm)
着座状態では集中力が保たれ、立てば周りの状況を把握できる高さサイズ。

■ハイプライバシー(150cm~)
着座状態では完全に周囲を見渡せない高さ、空間の状態。

パーテーション設置にあたって、決定事項は多岐にわたり用途、
目的によって選定していく必要がある。
やはり専門の相談員に現地実測のうえ相談するのが得策である。
サイズ、素材、色の選定によって機能に差が出るためしっかり説明をうけたうえ、
平面図作成の上、立体感製図など確認しモノを選定したほうがよい。






[オフィス家具何でも辞典TOP]
[デスク] [チェア] [脇机] [ワゴン]
[テーブル] [ホワイトボード]
[書庫] [金庫] [棚・ラック]
[パーテーション] [応接セット]
[ロッカー] [カウンター]

[オフィスチェア辞典(提携サイト)] [オフィスデスク辞典(提携サイト)]

利用区分
購入理由
会社名
お名前
TEL
メール