カリモクの応接セット

カリモクについて

 カリモク家具株式会社(カリモク)は、愛知県知多郡東浦町に本社を置く、木製生活家具・インテリアの製造販売を行うメーカーです。2013年現在、資本金4,500万円、従業員数は800名、売上は228億円です。

 創業は1940年、愛知県刈谷市に木工所としてスタートしました。元は江戸時代から続く木材問屋だったといいます。その後1947年には「刈谷木材工業株式会社」が設立されます。さらに2010年、「刈谷木材工業株式会社」と「カリモク家具販売株式会社」とが合併し、「カリモク家具株式会社」となっています。
 カリモクの製造業は、紡織機関連事業から始まっています。紡織機の木部部材、紡織機梱包函、ミシンのテーブル部分、などです。戦後の高度経済成長において、紡績業は重要な外貨獲得産業でした。拡大していく紡績業を支えるとともに、カリモクの規模・技術も拡大していきます。
 カリモクはその後、輸出用家具の木部部材の生産を経て、1962年には自社製品として生活家具の生産・販売に着手。1964年、カリモク家具販売株式会社を設立し、カリモクの家具が全国で販売されるようになります。

 1983年、カリモクは海外の様式を取り入れた高級ブランド「Domani(ドマーニ)」を立ち上げます。ところでちょうどこの頃、木工家具メーカーを舞台とした『ツルモク独身寮』という青年青春マンガがありました。これは後に実写映画化もされている名作です。
 『ツルモク独身寮』の作者・窪之内英策さんはカリモクに勤務した経歴があり、作品のタイトルになっている架空の家具メーカー「ツルモク家具」のモデルは、他ならぬ「カリモク家具」であるといいます。
 『ツルモク独身寮』の物語には、海外のデザインを学ぶため、パリへ旅立つ登場人物がありました。カリモクに「Domani(ドマーニ)」が設立される当時のライブな空気が、『ツルモク独身寮』にも反映されているのかもしれませんね。

カリモクグループ

 カリモクの家具生産は、グループ各社とのネットワークによる結集力で、高い品質を得ています。販売・流通などが緊密な連携で一体化を発揮し、グループ一丸の総合力を駆使してカリモクの家具を全国に送り出しています。


○製造・販売会社
・カリモク家具株式会社

○製造会社
・カリモク家具株式会社
・東浦カリモク株式会社
・愛知カリモク株式会社
・岐阜キャビネット株式会社

○資材会社
・知多カリモク株式会社
・カリモク秋田株式会社
・大成産業株式会社
・カリモク(マレーシア)株式会社

○ショールーム
 全国17ヶ所

おわりに

 カリモク製の家具、特に応接家具や役員用書棚などは、中古オフィス家具市場でも少なからず流通しています。カリモク製品の人気の高さがうかがえますね。






[オフィス家具何でも辞典TOP]
[デスク] [チェア] [脇机] [ワゴン]
[テーブル] [ホワイトボード]
[書庫] [金庫] [棚・ラック]
[パーテーション] [応接セット]
[ロッカー] [カウンター]

[オフィスチェア辞典(提携サイト)] [オフィスデスク辞典(提携サイト)]

利用区分
購入理由
会社名
お名前
TEL
メール