スチールケースのオフィスチェアの特徴

スチールケースのオフィスチェアの特徴

 スチールケースは日本でいうオフィス家具四大メーカーに相当する、アメリカのメーカーです(売上などの水準も同じくらいです)。生活家具であれオフィス家具であれ、家具を作り使用するという文化は元々が欧米圏から発祥したものです。この意味ではスチールケースはいわば“本格派”といっていいでしょう。リープ・シンク・ジェスチャーといった各シリーズは、世界的にも高い評価を得ています。また、新品を正規購入した場合に、日本国産のオフィスチェアよりも品質無償保証が長い点は大きな特徴といえます。

 一方、パーツが破損した場合のパーツ取り寄せに時間がかかったり、ボルトの規格がミリ規格ではなくインチ規格なため、仮にボルトの締めつけを調整したい際に工具が合わないといった事も起こりえます。これはスチールケースに限らず、海外メーカーに共通する特徴です。




[オフィス家具何でも辞典]
[デスク] [チェア] [脇机] [ワゴン]
[テーブル] [ホワイトボード] [書庫] [金庫] [棚・ラック]
[パーテーション] [応接セット]
[ロッカー] [カウンター]

[オフィスチェア辞典(提携サイト)] [オフィスデスク辞典(提携サイト)]

利用区分
購入理由
会社名
お名前
TEL
メール