コスパ抜群!ワンストップオフィス移転サービス
オフィス辞典

耐火時間とは

金庫によって、それぞれ耐火時間が設定されています。 耐火性能を有した金庫の事を耐火金庫と言います。 耐火金庫は火事に対しては強いですが、こじ開け、ドリル開けといった泥棒からの防盗性能は付いていません。 金庫に入れる物といえば、現金や各種証書等の紙類、ハンコ類などが一般的でしょう。中には金の延ぺ棒を入れる人もいるかもしれません。 また最近では、コンピューターを介して業務処理が行われるので、各種記憶媒体などを入れる人もいるでしょう。 火災が起きると、金庫が長い時間熱にさらされる事で金庫の内部が熱くなりなり、特にCDやDVD、USB、SDカード等のメモリ類が溶けてしまい、復元出来なくなる可能性があります。 そこで、活躍するのが耐火性能です。 耐火性能は火事が起きた際に、金庫内部を規程の温度以下に維持する性能です。 耐火時間は30分、1時間、2時間、3時間、4時間等の設定があります。 火災による建物崩落を想定して、衝撃落下試験などの基準も設けられています。 それらの金庫の防火性能は日本セフ連「日本セーフ・ファニチャ共同組合連合会」で、JISに基づき0.5〜4時間にわたる耐火試験、9.1mの衝撃落下試験などの基準を設けて確かな品質を提供しています。

[オフィス家具何でも辞典TOP] [デスク] [チェア] [脇机] [ワゴン] [テーブル] [ホワイトボード] [書庫] [金庫] [棚・ラック] [パーテーション] [応接セット] [ロッカー] [カウンター] [オフィスチェア辞典(提携サイト)] [オフィスデスク辞典(提携サイト)]

簡単!お問合せ(無料)
利用区分
購入理由
会社名
お名前
TEL
メール
当社の規約および個人情報保護方針に同意する
オフィスバスターズ

ようこそ。ご利用区分を教えてください。