フリーアドレスデスク15%OFF
オフィス辞典

会議テーブルの選び方

 ミーティングテーブルは、会議の参加人数によって、適切なサイズがあります。

会議テーブルの選び方①

 通常の打合せや会議で最も人気のあるのが長方形のテーブルです。会議に参加する人数によってサイズの選び方が重要になってきます。  一般的に一人に必要な横幅が60センチといわれています。つまり、4名以下での打合せや会議が多いのであれば、最低でも横幅120センチはあったほうが圧迫感なく使用することができますし、150センチのテーブルであればゆったりと使用することができます。 また、3名以下であれば、丸テーブルや正方形のテーブルも省スペースで使用できるためおすすめです。

会議テーブルの選び方②

 セミナーや研修で使用することが多いのが、折り畳みテーブルやスタックテーブルといわれるテーブルです。サイズは2名で使用するのであれば横幅120~150センチ、3名で使用するのであれば180センチがオススメです。  室外への移動など移動距離が長かったり、使用しない時に省スペースで収納したい場合は折り畳みテーブルが良いでしょう。室内での移動が多く、使用しない時に置いておくスペースが確保できる場合はスタックテーブルを選ぶと使いやすいです。  スタックテーブルに関しては、足元を隠す【幕板】というものがオプションで付けることができますので、女性が使用することが多い場合は付けるといいでしょう。

会議テーブルの選び方③

 8名以上の大人数での会議で使用されるのが、大型会議テーブルや、ユニットテーブルといわれる横幅が300センチを超えるテーブルです。奥行も100センチ以上あるものが多く、前後、左右共にゆったりと使用することができるため、長時間の会議でもストレスを軽減し使用することができます。

[オフィス家具何でも辞典TOP] [デスク] [チェア] [脇机] [ワゴン] [テーブル] [ホワイトボード] [書庫] [金庫] [棚・ラック] [パーテーション] [応接セット] [ロッカー] [カウンター] [オフィスチェア辞典(提携サイト)] [オフィスデスク辞典(提携サイト)]

会議テーブルの選び方についてさらに詳しく

会議テーブルの設置

会議テーブルの設置に関する情報サイト

詳細へ

簡単!お問合せ(無料)
利用区分
購入理由
会社名
お名前
TEL
メール
当社の規約および個人情報保護方針に同意する
オフィスバスターズ

ようこそ。ご利用区分を教えてください。