ワークスタイルで選ぶオフィスデスク

ワークスタイルで選ぶオフィス用デスク

 オフィスデスクを使用するワークスタイルは主に2つあります。1つめはオフィスワークとして事務作業を行うもの、2つめは会議、打ち合わせなどのミーティングを行うものです。

オフィス用デスクをワークスタイルで選ぶ

 事務作業を行う為のオフィスデスクは基本的に、一人あたり1台のオフィスデスクを使用する想定で作られています。サイズは横幅が1メートル未満のものから2メートルを超えるものまで様々ですが、一般的に多く使用されているサイズはだいたい100センチから140センチのオフィスデスクが多い傾向にあります。

 最近の傾向では1人ひとりの座る席を決めずに、複数の大型の天板を繋げてひとつの島型としたデスクを複数の主に営業社員が共用するという場面も増加しつつあり、このようなデスクはフリーアドレスデスクと言います。

 一方でミーティング用のデスク(テーブル)はサイズによって何人同時に掛けれられるかが決まってくる為に、何人で打ち合わせする機会があるのかによって、選ぶべきサイズが決まってきます。

 ミーティング用のデスクは基本的に長方形の形をしており、使用人数は2名から10人以上で使用する様な大型なものまで様々です。




[オフィス家具何でも辞典]
[デスク] [チェア] [脇机] [ワゴン]
[テーブル] [ホワイトボード] [書庫] [金庫] [棚・ラック]
[パーテーション] [応接セット]
[ロッカー] [カウンター]

[オフィスチェア辞典(提携サイト)] [オフィスデスク辞典(提携サイト)]

ワークスタイルで選ぶオフィスデスクについてさらに詳しく

ワーキングデスクの選び方

ワーキングデスクの選び方について解説します。

詳細へ

利用区分
購入理由
会社名
お名前
TEL
メール