デスク・机の種類

デスクの種類

 オフィスデスクには、大まかに7種類があります。

・平机 ・片袖机 ・両袖机
・ラウンドデスク ・L字デスク ・コーナーデスク
・フリーアドレスデスク
・役員用デスク

それぞれ特徴や想定されているシーンや用いられるレイアウトが異なります。
シーンや用途に応じて、最適なデスクを選ぶ事が、よい執務環境を生み出すポイントとなります。

天板が長方形(矩形)のオフィスデスク

 天板と脚と薄いセンター引き出しというシンプルな構成をしている机が「平机」。机の片側に床までの引き出し(袖机)がついている机が「片袖机」、同じく机の両側に袖机があるものが「両袖机」です。

 これらは長方形の天板を持った、最もスタンダードなデスクです。フリーアドレスデスクも長方形の天板ではありますが、規模が異なるためここには含まないものとします。

天板が長方形ではない(非矩形の)オフィスデスク

 天板が長方形をしていないオフィスデスクは、「L字デスク」「ラウンドデスク」「コーナーデスク」です。

 1名さまあたりの執務スペースを贅沢に取りたい場合はこれらがオススメです。パソコン業務の多い方には、使い勝手がよいと思われます。

フリーアドレスデスク

 「フリーアドレスデスク」は、大まかには「巨大な平机」とお考えください。

 固定席を設けずに、職場でデスクを共用するというイメージになります。オフィスのフロア面積を節約する目的で開発されましたが、現在では部署の垣根を超えた柔軟なコミュニケーションを実現するための大道具として着目されます。

役員用デスク

 「役員用デスク」は、スタンダードな机より大きめなサイズの机で、多くは木製です。重厚な色合いをしている傾向があります。

 海外ブランドの役員用デスクも多く輸入されています。しかし、中には引き出しのスペアーキーが日本で作成できないものもあり、ご購入の際は、注意が必要です。

オフィスデスクを選ぶ際のポイント

 標準的なオフィスデスクをサイズで選ぶ際には、デスクの上に何を置き、何を利用して仕事をするのかがポイントです。

 例えばパソコンを置く場合、モニターがひとつの場合は40cmくらい、もしモニターをふたつ使いたい場合は70cmくらいスペースが必要となります。ここに電話機を置くと、さらに20cmほどの幅を取ります。ここまでで幅90cm近くのスペースを使う事になります。

 加えて、書類や書籍をデスク上に配置し、トレイも置いて、受付書類のスペースも確保したい…といった場合には、横幅が100cmのデスクでは、これらの全てを置く事は少々難しいです。このようなデュアルモニターの例では、横幅140cmは欲しいところではないでしょうか。

 また、設置の際は、オフィスのレイアウトや導線を加味して、購入するデスクを検討しましょう。本稿では詳述するアイテムではありませんが、脇机の活用などもオススメです。




[オフィス家具何でも辞典]
[デスク] [チェア] [脇机] [ワゴン]
[テーブル] [ホワイトボード] [書庫] [金庫] [棚・ラック]
[パーテーション] [応接セット]
[ロッカー] [カウンター]

[オフィスチェア辞典(提携サイト)] [オフィスデスク辞典(提携サイト)]

デスク・机の種類についてさらに詳しく

片袖机とは

片袖机は片端に引出が付いている机です。

詳細へ

平机とは

平机は袖部分の引出が付いていないデスクです。

詳細へ

両袖机とは

両袖机は両端に引出が付いている机です。

詳細へ

役員机とは

役員机は社長が使う重厚感のある机です。

詳細へ

フリーアドレスデスクとは

フリーアドレスデスクは座る席(アドレス)を固定しない(フリー)デスクです。様々な効果があります。

詳細へ

L字デスクとは

L字型デスクとは、天板が90°直角に曲がったタイプのデスクです。

詳細へ

ラウンドデスクとは

ラウンドデスクとは、天板の端が少し手前に広がった形状です。

詳細へ

利用区分
購入理由
会社名
お名前
TEL
メール